PR

ニュース 政治

日米首脳、朝鮮半島非核化へ連携一致 拉致被害者家族の思いも伝える

米ニューヨーク・マンハッタンにあるトランプ氏私邸でトランプ米大統領(右)の出迎えを受ける安倍晋三首相(左)=23日、内閣広報室提供
Messenger

 【ニューヨーク=田北真樹子】安倍晋三首相は23日夜(日本時間24日午前)、米ニューヨーク市内でトランプ米大統領と夕食をともにし、朝鮮半島の非核化に向けて引き続き緊密に連携することで一致した。日本人拉致問題では、首相が訪米出発直前に面会した拉致被害者家族らの思いを伝えると、トランプ氏は6月の米朝首脳会談で金正恩朝鮮労働党委員長に日本の考えを伝えたことに改めて言及した。首相が夕食会の後、記者団に説明した。

 首相は「拉致問題の解決のために米国をはじめ国際社会と連携し、次は私自身が金委員長と向き合って、一日も早い拉致問題の解決のためにあらゆるチャンスを逃さないという決意で取り組んでいく考えだ」と述べた。

 日米両政府は通商問題をめぐって24日午後(同25日午前)にニューヨーク市内で閣僚級の通商協議(FFR)を開催する予定で、首相は「FFRについては大変建設的な議論ができた」と語った。両首脳は24日のFFRの結果を踏まえ、26日午後(同27日午前)に改めて会談する。

 首相によると、夕食会は当初、マンハッタンにあるトランプタワー地下のレストランで予定されていたが、トランプ氏からトランプタワー内のトランプ氏の私邸に招待され、私邸にあるバーで通訳だけを入れての食事になった。食事前にも約30分話し、全体で約2時間半を共にしたという。

 首相は平成28(2016)年11月にトランプタワーを訪問し、米大統領に選出された直後のトランプ氏と会談していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ