PR

ニュース 政治

【主張】安倍首相の訪米 トランプ氏と真剣勝負を

Messenger

 安倍首相はトランプ氏に、北朝鮮にだまされないよう説くべきだ。核・ミサイル戦力と製造施設すべての申告と全面的な査察が実現しなければ非核化に至らない。北朝鮮がこれを受け入れるまで、経済的、軍事的圧力を効果的にかけるよう話し合ってほしい。拉致問題では、トランプ氏に改めて側面支援を求めることも必要だ。

 米中間の「貿易戦争」は激しさを増す一方だ。知的財産権や南シナ海の問題を含め、「新冷戦」の様相を呈しつつある。

 首相は対中関係の改善を目指しているが、日米で足並みが乱れては元も子もない。日本にとっても中国の覇権主義を封じ込めることは国益にかなう。トランプ氏と対中戦略をすり合わせることが急務である。

 さらに、日米間の通商問題も極めて重要な局面にある。トランプ氏は米国に有利な合意がなければ「日本は大変な問題になる」と語っている。安倍首相はトランプ氏に、同盟国を脅す手法は、米国と世界の利益を損なうことを納得させなければならない。個人的信頼関係の真価が問われている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ