PR

ニュース 政治

進次郎氏、沖縄県知事選応援を徹底 総裁選後の「すきま風」横に自民執行部も人気活用

沖縄県知事選で、与党系候補の応援演説をする自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長=23日午後4時47分ごろ、沖縄県沖縄市(大島悠亮撮影)
Messenger

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長が23日、沖縄県知事選で与党系候補をてこ入れするため、大票田の那覇市など3カ所で街頭演説を行った。党総裁選で石破茂元幹事長に投票し、連続3選した安倍晋三首相らとの間にすきま風も吹くが、知事選は党務と割り切り、政権の悲願である県政奪還に向け尽力する。多くが首相を支持した党執行部も小泉氏の知名度を生かし、街頭演説などでの“空中戦”で勝ち抜こうとしている。

 「沖縄の皆さん、1週間ぶりです。選挙もあと1週間後。相手も本気です。こちらも一段ギアを上げようじゃありませんか!」

 小泉氏が県庁前でこう熱く訴えると、大勢の聴衆から大きな拍手が起きた。小泉氏の沖縄入りは16日に続き告示後2回目。「筆頭副幹事長」という党幹部の立場だが、接戦だった6月の新潟県知事選では応援に入らなかった。沖縄県知事選は石破氏を支持した直後で去就が注目されたが、党が用意した応援予定を淡々とこなしている。

 党幹部は「那覇市などの空中戦が弱い」と分析しており、小泉氏と一定の距離感を保ちながら、人気を最大限に利用する考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ