PR

ニュース 政治

【安倍総裁記者会見詳報(1)】「新しい国造りに挑む」

自民党総裁選で連続3選を果たし、記者会見に臨む安倍晋三首相=20日午後、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
Messenger

 自民党総裁選で連続3選を果たした安倍晋三首相が20日、党本部で行った記者会見での主な発言と記者団とのやりとりは以下の通り。

 「先ほど総裁選が終了し、あと3年、自民党総裁の重責を担うこととなりました。大変、身の引き締まる思いであります。まず、私の訴えに対して、力強いご支持をいただいた全ての同僚議員、そして党員・党友の皆さまに改めて、お礼を申し上げたい。特に、全国の党員・党友の皆さまからは、前回、6年前の総裁選の2.5倍、35万票を上回る得票をいただくことができました。これまで6年間にわたる経済政策、外交、安全保障政策の実績の上に、さらに3年間、この誇りある自民党を率い、引き続き国家・国民のため、強力なリーダーシップを発揮せよ、と力強く背中を押していただいたものと考えています」

 「直ちに仕事に取り掛からなければなりません。北海道胆振(いぶり)東部地震、台風21号、大阪北部地震、そして西日本豪雨。この夏は自然災害が相次ぎ、列島に甚大な被害をもたらしました。それぞれの被災地では多くの皆さんがいまなお、大変な困難に直面しておられます。総裁選の期間中も、政府として予備費の執行など、何よりも災害対応を第一に取り組んできたところでありますが、一日も早い生活再建、生業の復興に向けて、北海道全域で宿泊料金の割引を速やかに実施するなど、取り組みをさらに加速しなければなりません」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ