PR

ニュース 政治

静岡市長 リニア中央新幹線本体工事、県の合意なしでも林道使用許可

記者会見に臨む田辺信宏市長=20日、静岡市役所(石原颯撮影)
Messenger

 静岡市の田辺信宏市長は20日の定例会見で、JR東海がリニア中央新幹線の南アルプストンネル静岡工区(静岡市葵区)の本体工事着手を要望した場合、県と合意に達していなくても市が林道の使用許可を出す方針を示した。田辺市長は「JR東海との基本合意書に従って一つ一つの件について判断していきたい」と述べた。

 JR東海は、今月18日からトンネル建設に向けた準備工事として、同区田代の椹(さわら)島地区など3カ所に各250人収容できる作業員用宿舎の建設を開始。同市は14日、準備工事に限って工事に必要な林道の使用許可を出していた。

 田辺市長は「交渉ごとなので10対0ということはない。私たちもJR東海とお互い立場がある中で、譲り合って合意文書にこぎつけた。県にもJR東海にもそういった努力を期待したい」とくぎを刺した。

 工事をめぐっては、トンネルから湧き出た水の全量を大井川に戻すことを要求する県側と、減少した水量分のみを川に戻す意向のJR側が対立し、本体工事の議論は平行線をたどっている。一方、同市とJR東海は6月、同工事に関連し、市が望む県道へのトンネル整備を同社の費用負担で行うことを盛り込んだ基本合意書を締結している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ