PR

ニュース 政治

日英外相が7回目の「戦略対話」 安保協力強化で一致

戦略対話を終え、ハント英外相(左)と共同記者発表する河野外相=18日午後、東京都内
Messenger

 河野太郎外相は18日、英国のハント外相と東京都内で、7回目の「日英外相戦略対話」を開いた。両外相は自衛隊と英国軍の共同訓練など、アジア太平洋地域での安全保障分野を中心とした協力をさらに強化していく方針で一致した。

 河野氏は会談後の共同記者発表で、英軍艦艇が今春、北朝鮮の「瀬取り」監視活動に参加したことに触れ「日英は自由で開かれたインド太平洋を維持していくビジョンを共有している」と協力進展を歓迎。ハント氏は12月にも別の艦艇を日本に派遣する計画に言及し「東アジアと太平洋の安定に対する英国の永続的なコミットメント(関与)を示すものだ」と語った。

 会談で河野氏は、英国の欧州連合(EU)離脱に関し、日系企業を含む経済活動への悪影響を避けるため、激変緩和の移行期間を設ける対応を要請した。ハント氏も配慮を約束した。

 会談に先立ち、ハント氏は安倍晋三首相を首相官邸に表敬訪問した。首相は海における法の支配や自由貿易の推進について「今後とも日英で協力して取り組んでいくべきだ」と述べた。ハント氏は「日英協力が深く堅固に進展していることは喜ばしい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ