PR

ニュース 政治

【単刀直言】自民党・石破茂元幹事長「総裁候補同士、濃密な議論を」「9条2項残せば自衛隊に制約残る」

 今月14日の日本記者クラブ主催の討論会で、私から安倍首相に質問した最初の項目に「民主主義」を挙げたのも、こうした空気を踏まえたものです。民主主義は時間も手間もかかる。ベストの結論が得られることは少ないですが、多くの人が正しい情報の提供に基づき、議論に参加して、少数意見にも耳を傾けることで、最悪の結論を避けることもできるのです。

 党内には無投票を目指す向きもありましたが、6年間も総裁選がないというのでは、党員の権利を阻害しかねない。7日の告示以降全国を回っていますが、街頭では自民党支持者からも「私の思っていることを言ってくれた」との声を聞きます。

■地方に「あきらめ感」

 今回の総裁選で、私は経済の再生と、その核となる地方創生を掲げました。地方の農林水産業やサービス業、中小企業には付加価値をつける伸びしろがたくさんある。急激な人口減少社会を迎える今後の日本で、持続可能な経済成長につなげるために不可欠な経済政策だと思っています。

 地方の産業の付加価値を高め「お金を出してもこれを買いたい、このサービスを受けたい」というものを作りだす。これが働き手の確保だけでなく、個人所得の向上につながる。今の地方には人材が少なく、後継ぎに悩む中小企業の社長がたくさんいます。地方を「志を果たして帰る」場でなく「志を果たすために帰る」場所にしたいのです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ