PR

ニュース 政治

【単刀直言】自民党・石破茂元幹事長「総裁候補同士、濃密な議論を」「9条2項残せば自衛隊に制約残る」

 例えば、京都から私の地元の鳥取まで列車で4時間かかるのですが、この間お弁当を売る車内販売はありません。駅の売店で、何の変哲もない弁当を買う。それなら、JAと組んで鳥取の野菜や肉、コメを使ったお弁当を特製して車内で売ったらどうでしょう。お米も中山間地域でおいしいものをつくり、インターネット販売してもいい。

 今の地方には「あきらめ感」のようなものがはびこっています。IT技術を駆使して経営を立て直した神奈川県秦野市の老舗旅館や、接客サービスを充実させて乗客数を飛躍的に伸ばした福井県のえちぜん鉄道など、各地に成功例はあります。これを加速させるために、いま必要なのは人材です。私が地方創生担当相だったときに始めた「プロフェッショナル人材事業」を飛躍的に発展させ、現在の地域経済活性化支援機構(REVIC)を「地方創生推進機構」に改組し、プロの人材を育成して派遣したい。

 首相は討論会で「東京の経済が良くなっていけば、地方でつくる農作物の価格も上がっていく」と語りましたが、私は大都市や大企業の恩恵を地方に波及させるという考えをとりません。地方自身が強くなることを目指すのです。

 地方を元気にし、個人所得を増やす。さらに子育てから医療・年金・介護まで一元的な社会保障改革を断行し、将来への安心感を消費につなげる。アベノミクスの次の目標です。そのためには、起業しやすくするための規制改革や特区の成果を速やかに全国展開させることなどが必要です。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ