産経ニュース

「国益反する」立憲・枝野代表が首相批判 ロシアのプーチン大統領の平和条約発言めぐり

ニュース 政治

記事詳細

更新


「国益反する」立憲・枝野代表が首相批判 ロシアのプーチン大統領の平和条約発言めぐり

 米国を訪問している立憲民主党の枝野幸男代表は14日(日本時間同)、ロシアのプーチン大統領が前提条件なしの平和条約締結を求めた発言に反論しなかった安倍晋三首相の対応について「言うべきことを言わず、国益に反する」と批判した。

 枝野氏は「条件反射的に『われわれは立場が違う』と言い返さなければ、外交ごっこでしかない」と強調した。同行記者団との懇談で語った。

「ニュース」のランキング