PR

ニュース 政治

【小池知事定例会見録】開口一番、大坂なおみにエール「チャーミングかつパワフルで、全米ナンバーワンとはすごい」

Messenger

 「2番目に調節池の加速的な整備でございます。近年、全国各地で水害が頻発、激甚化しておりますし、また、いつどのような段階で発生するかわからないという、豪雨に対応するための新たな調節池の整備についての具体化でございます。これが2番目。12あるので、駆け足で行きますが、次に、豪雨における土砂災害対策であります。7月の西日本の豪雨で、広島県などで多くの土砂災害が発生して、多くの方々が犠牲となったことを踏まえまして、土砂災害警戒区域などの指定を加速しまして、都内全域で指定完了時期を来年度の前半に前倒しをするというものであります。いつ来るかわからないという意味で前倒しをいたします」

 「次、4番目ですけれども、ブロック塀の安全対策であります。これはご記憶だと思いますが、6月の大阪北部の地震で問題となったブロック塀が倒壊することで、女の子が亡くなられたケースがございました。これについて、都有施設で通学路に面したブロック塀を最優先で撤去するとともに、撤去した塀の代わりに、一部の施設では多摩産材を使った国産木材を活用していくというものでございます。これは、全国でうまく連携できればと思っておりますし、それはすなわち治山ということにつながっていくかと思っております。それから、5番目は、災害拠点病院などの浸水対策でありますけれど、この被災者の命を救う災害拠点病院の浸水対策というのは、極めて重要であります。まず、今年度ですけれども、都立墨東病院、非常用発電設備があそこも完備されておりますけれど、そこに対しての浸水対策に着手いたします」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ