PR

ニュース 政治

自民党総裁選で地方遊説 安倍首相は二階幹事長と和歌山で共闘アピール 石破氏は参院竹下派重鎮の地元・千葉へ

Messenger

 一連の動きは総裁選後の内閣改造・党役員人事で二階氏の幹事長続投を勝ち取るためのものでもある。二階派幹部は「首相3選のため、どれだけ汗をかいたか」を示すことにこだわっており、和歌山で首相と二階氏が連携をアピールできたのは好材料となった。

 一方、石破氏の集会には、参院竹下派から石井氏と元栄太一郎参院議員が参加し、石井氏に近い千葉県議も多く出席した。石破陣営は石破派(水月会、20人)と参院竹下派の18人が主軸で石破氏を支える。石破氏の千葉入りは石井氏らに謝意を示す意味もあった。

 「皆さん、一瞬目を閉じてください。魂の訴えをしている石破氏が総理総裁として活躍している姿が浮かんだ方は、どうぞ拍手をしていただきたい」

 石井氏は集会で、石破氏をこう持ち上げた。石破氏も「苦しいとき辛いときにこうして皆さまのお出かけをいただける。本当にありがたい」と頭を下げた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ