産経ニュース

総裁選政策比較・憲法 石破氏、自衛隊明記案を批判 首相は「『なぜ急ぐのか』は『やるな』と同じ」 

ニュース 政治

記事詳細

更新


総裁選政策比較・憲法 石破氏、自衛隊明記案を批判 首相は「『なぜ急ぐのか』は『やるな』と同じ」 

自民党総裁選立候補者討論会に臨む石破茂元幹事長=14日午前、東京都千代田区・日本記者クラブ(納冨康撮影) 自民党総裁選立候補者討論会に臨む石破茂元幹事長=14日午前、東京都千代田区・日本記者クラブ(納冨康撮影)

 自民党総裁選に立候補した安倍晋三首相と石破茂元幹事長の論戦について、憲法、経済、外交・安全保障の各分野別に分析した。

 【憲法】

 石破氏は、首相が「自衛隊は違憲」との見解があることを理由に9条に自衛隊の存在を明記する改憲案を批判した。

 石破氏は「長く国会で答弁してきたが、自衛隊違憲論争はやったことがない」と主張。「『この護衛艦は必要最小限度を超えるのか超えないのか』『この自衛隊の行動は交戦権に当たるのか当たらないか』と答弁してきた」と述べた上で「自衛隊を憲法上、位置づけてもその問題は残る。それでいいと思わない」と、戦力の不保持を定めた9条2項削除の持論を述べた。

 首相は日本記者クラブの討論会に続く党青年局・女性局主催の討論会で「『なぜ今急ぐのか』という議論は基本的に『やるな』と同じだ」と石破氏を暗に批判した。石破氏は「(自衛隊は)必要最小限度だから戦力ではないという論理をどれだけの人が分かるのか」と訴えた。

「ニュース」のランキング