PR

ニュース 政治

【自民党総裁選日本記者クラブ討論詳報(17完)】石破氏「総裁選延ばせばいい」 安倍首相「国連総会などを放って党首選び優先とはならない」

Messenger

 「ですから、そういう状況をやっぱり変えていく必要がありますよね。われわれが国旗国歌法を作り、それまでさまざまな問題が起こっていましたが、ほとんどなくなってきました。ですから、われわれの責任としては、まず与党の中で賛成を得られる条文にしていくという責任が、私は自民党のリーダーとしてはあるのではないかと考えたわけであります」

 --安倍さんは憲法改正の自民党案を次の国会に出そうと党に号令をかけているように見受けるが、基本的に憲法改正は国会が発議するものだ。一方、モリ・カケ問題に関し「参考人招致は国会がお決めになること」と全く号令をかけない。同じ自民党に対して号令をかけるべき2つの話だと思うが、ダブルスタンダードではないか

 首相「それはよくご理解をいただいてないんだと思いますね、2つの出来事について。いわば国会で証人を呼ぶ、呼ばない、参考人を呼ぶ、呼ばないというのは、国会の委員会が理事会で決めることです。政府ではなく、与野党が構成している理事会で決めることです」

 「一方、憲法(改正の自民党案)について国会に提出するかどうかという最終的な権限を、私は実行しようとは思っていません。でも、どこかでメドをつけなければいけない。第一党ですからね。そのメドをつけるということについて申し上げているわけであり、(党憲法改正推進本部の)本部長の細田(博之)さんがしっかりと中で議論し、決めていただければいい。私は一つのメドとして提出をすべきだと言っているわけであり、憲法のような大事業、結党以来の自民党方針ですから、これはまさにその党首として基本的な考え方を述べるのは、私は当然のことではないかと考えています」

 --首相を決める自民党総裁選は7日に告示され、20日に投票ということが健全なのかどうか。「それは党が決める」ということではなく、当事者としてこういうの良くない。変えなければいけないと思うか

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ