PR

ニュース 政治

河野太郎外相苦言 日本メディアは「政局、北朝鮮ばかり」 取材は「外相会談冒頭の英語を理解する人に」

Messenger

 河野太郎外相は14日の記者会見で、外務省担当記者の取材のあり方に苦言を呈した。「少なくとも世界は193の国連加盟国で動いているわけだから、それぞれ必要な情報発信が行われるべきだ」と述べ、日本メディアの関心が北朝鮮など特定分野に偏っているとの持論を展開した。

 河野氏は11日付のブログ「ごまめの歯ぎしり」で「外務省担当記者の取材対象が『外交』ではない。河野太郎は(自民党)総裁選に出馬するのだろうかに始まり、『政局』の質問がやたらと飛んでくる。『外交』に関しては圧倒的に 『北朝鮮』、それも『日朝首脳会談はあるのか』ばかりだ」と指摘した。

 このブログに関連し、記者団から「日本のメディアが北朝鮮問題ばかり関心を寄せている一方で、(イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題の)ラカイン州情勢とか、(独裁色が強まる)カンボジアの総選挙とか、日本外交が立ち向かわないといけない重要な問題がきちんとフォローされてないという問題意識を持っているということか」と聞かれると、河野氏は「そういうことだ」と応じた。

 さらに、河野氏は記者に公開される外相会談の冒頭で英語を使う理由について「今、多くの外相会談は英語でやっている。冒頭から英語で直接自分の言葉を相手に聞いてもらいたい」と説明した上で「霞クラブ(外務省担当記者クラブ)は会談の冒頭の英語を理解するくらいの人に所属してほしい」と注文をつけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ