PR

ニュース 政治

【自民総裁選討論会詳報(10)】安倍首相「信頼ある行政にしていく努力を重ねる」

自民党総裁選立候補者討論会に臨む安倍晋三首相=14日午前、東京都千代田区・日本記者クラブ(納冨康撮影)
Messenger

 --森友・加計学園問題について、学園側との関係を自由自在に狭めたり広げたりして答弁されてるところが国会、国民の不信を呼ぶと思う。いかがですか。

 安倍晋三首相(自民党総裁)「私は答弁を変えていませんし、定義を広げたり狭めたりはしていません。私が関係があるかないかということについては、あるいは妻(安倍昭恵首相夫人)が関係があるかないかについては、国会で答弁した段階で名誉校長なんですから、そういう意味での関係はあるということは当然の前提の上にしゃべっているわけです。答弁をずっと見ていただければ、国有地の売却、認可について(安倍氏や昭恵夫人が)影響を与えるということはないですよ、と。その後の答弁では、このことを不正に行うことはないですよ、と。そうであれば議員は辞めますよ、ということについて答弁をさせていただいているし、それは全く一定しております。ちゃんと答弁の記録(議事録)を読んでいただければお分かりになるだろうと思います」

 「しかし、関係という言葉については、確かに広い概念がありますから、どこで定義をするのかということはいろんな議論があるだろうと思います。しかし、これは私の秘書ではありません。妻付きの方(昭恵夫人付きの政府職員)が問い合わせを行った。これは国有地の売却ではないですし、賃貸などについて聞いただけで、外形上のことしか聞いていませんし、外形上のことしか財務省は答えていないわけであります」

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ