PR

ニュース 政治

【自民総裁選討論会詳報(9)】石破茂元幹事長、憲法改正は「国民一人一人に誠実な説明を」

Messenger

 --いろいろな調査で国会議員票は8割5分と圧倒的に安倍さんになっている。この状況をどう見るか。石破さんは「自分に配分する資源がないから」と言っているが、配分するポストがないからそうなのか。石破さんも幹事長をやっているので、もっと国会議員票が多くなっていいはずなのに、なぜそうなってないのか。

 石破氏「幹事長時代に、私はどの立場に属される方でも、自民党の同志ですから、どの立場におられる方でも全力で応援をしてきました。自分の応援をしてくれるかな、そうじゃないから違うとか、そんな考え方を持ったことは一度もありません。そして国会議員というのは全て国民の方を見て仕事をする。そうでなければならないものだと思っています」

 「あらゆるポストも自分の栄達のためにあるものでも何でもない。いかにして全能力を使って、国民のために働くかということだと思っています。私はそういうような党の運営であるべきだと思っていて、自由民主党というのはそういう公の財産だと思っています。全ての者が自己を捨てて、国民のために、きれいごと言うようですけど、私は今それが一番必要なことだと思っています。ですから、配分する支援があろうがなかろうが、本当にこの国を目指す方向を同じにして、そして有権者に正面から向き合う、そういう同志を増やしていく努力は、私はこれからもしなければいけないと思っている」

 「だから、やり方が、お前のやり方が足りないとか、いろんなことは、そこはもっと直していかなければいけない。ですけれども、心情として、本当にそれを語ることができる。そして、ともに有権者に正面から向き合う。自由民主党にとって今必要なことはそれだと私は思っています」

=(10)に続く

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ