PR

ニュース 政治

安倍晋三首相「野中広務元幹事長は怖かったが…」 自民総裁選討論会

自民党総裁選立候補者討論会に臨む安倍晋三首相=14日午前、東京都千代田区・日本記者クラブ(納冨康撮影)
Messenger

 安倍晋三首相は14日午前、自民党総裁選に関する日本記者クラブ主催の討論会で、記者から「安倍1強」が続く中で党内などで発言の自由がなくなったと指摘され、「全くそう思っていない。議論しろといって議論するのは議員に失礼だ」と反論した。

 首相は「若いころ、当時の野中広務幹事長はとても怖かった。部会などで北朝鮮の問題について真っ向から議論した。(野中氏は)相当怒った。でも、だからといって私がその後どうなったかというわけではない」とのエピソードを紹介した。その上で「今でも、やろうと思えばいくらでもできる。部会では相当闊達(かったつ)な議論が行われている」と述べた。

 さらに、「中選挙区時代は新しい総裁が生まれた次の日からその総裁を倒すため闘争が始まっていた。角福戦争はすごかった」と過去の党内の権力闘争を振り返り、「そういう時代とは違う。小選挙区制度になって、総裁の下で共に戦っていくという違いはある」と説明した。一方で「私は至らない人間だから、批判は当然ある。批判は当たっているな、というのもあるから、どんどん言っていただきたい」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ