産経ニュース

【野党ウオッチ】代表選で見えた国民民主党の「幼さ」 “深慮遠謀”なき野党共闘戦略

ニュース 政治

記事詳細

更新

【野党ウオッチ】
代表選で見えた国民民主党の「幼さ」 “深慮遠謀”なき野党共闘戦略

国民民主党代表選の街頭演説会に臨む玉木雄一郎氏(左)と津村啓介氏=9月2日、東京・銀座(酒巻俊介撮影) 国民民主党代表選の街頭演説会に臨む玉木雄一郎氏(左)と津村啓介氏=9月2日、東京・銀座(酒巻俊介撮影)

 本稿では、「共産党を含む枠組みでの選挙協力」の是非には触れない。問題にしたいのは、水面下でガラス細工を作り上げるように進めていくべき話を、代表選の論戦で公然と口にしてしまう「幼さ」である。

 野党共闘のあり方に加え、低迷する党勢の浮揚など、国民民主党には数々の難題が待ち受ける。老獪(ろうかい)さに欠ける党運営ではとても難局は乗り切れまい。

 玉木氏は秋の臨時国会までに他の野党に統一会派結成を呼びかける考えを示しているが、くれぐれもガラス細工を壊してしまうことのなきよう…。 (政治部 松本学)

このニュースの写真

  • 代表選で見えた国民民主党の「幼さ」 “深慮遠謀”なき野党共闘戦略
  • 代表選で見えた国民民主党の「幼さ」 “深慮遠謀”なき野党共闘戦略
  • 代表選で見えた国民民主党の「幼さ」 “深慮遠謀”なき野党共闘戦略
  • 代表選で見えた国民民主党の「幼さ」 “深慮遠謀”なき野党共闘戦略

「ニュース」のランキング