PR

ニュース 政治

【沖縄県知事選】「危険性除去」か「アイデンティティー」か 選択問われる普天間返還

普天間移設問題の主な動き
Messenger

 沖縄県知事選は、米軍普天間飛行場の移設計画を大きく左右する可能性をはらむ。政府が名護市辺野古での埋め立て工事を進めるためには、新知事の協力が不可欠だからだ。

 佐喜真淳前宜野湾市長と玉城デニー前衆院議員は、普天間飛行場の早期返還を目指す点で一致しているが、その手法は大きく異なる。

 「対立や分断の4年間を繰り返すのか」。佐喜真氏は13日の出陣式で声を張り上げた。辺野古移設に反対し、政府と対立した翁長雄志知事の路線を否定していることは明らかだ。政府と協力して「一日も早い普天間返還」を実現するのが佐喜真氏の戦略となる。

 普天間飛行場は、平成8年に日米両政府が返還に合意したが、いまだに実現していない。16年8月に隣接する大学に海兵隊ヘリが墜落し、昨年12月には小学校校庭にヘリの窓枠が落下。住民の命を脅かされてきた地元市長だった佐喜真氏が「原点回帰」を唱えて返還を急ぐのもこのためだ。

 それでも辺野古移設の賛否を明言しないのは複雑な選挙事情が絡む。4年前の知事選で自主投票とした公明党県本部は「県外移設」の立場のため、公明党の支持を得るためには明確に移設を支持するのは得策ではない。佐喜真氏は「政府と県の法廷闘争を注視する」と述べるにとどめている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ