PR

ニュース 政治

【北海道震度7地震】ブラックアウト、苫東厚真火力の「一本足打法」あだに 

Messenger

 北電は過去の経験を踏まえ、129万キロワットの供給力が失われても道内で電力を安定供給できるよう計画を立ててきた。ただ、地震発生直後に苫東厚真の2、4号機が停止した時点で130万キロワットの電源が脱落。残る1号機もその17分後に停止し、道内の全域停電(ブラックアウト)に至った。

 真弓明彦社長は地震発生当日の記者会見で「全ての電源が停止してしまうことは極めてレアなケースだと思っていた」と話したが、現実のものとなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ