PR

ニュース 政治

【沖縄知事選】佐喜真淳氏「対立は何も生まず」 玉城デニー氏「翁長氏の遺志継ぐ」 沖縄知事選告示

 沖縄県知事選が告示され、候補者の第一声を聞く支持者ら=13日午前、沖縄県・伊江島
Messenger

 翁長雄志(おなが・たけし)沖縄知事の死去に伴う県知事選は13日、告示され、4人が立候補を届け出た。いずれも無所属新人の佐喜真淳(さきま・あつし)前宜野湾市長(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、共産党や社民党、労組などでつくる「オール沖縄」が推す自由党幹事長の玉城(たまき)デニー前衆院議員(58)による事実上の一騎打ちとなる見通しだ。選挙結果は、政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に影響を及ぼす。

 立候補を届け出たのは、佐喜真氏、玉城氏、いずれも無所属新人で、料理研究家の渡口初美氏(83)、元会社員の兼島俊氏(40)の4人。投票は30日に行われ、即日開票される。

 那覇市内で出陣式に臨んだ佐喜真氏は「県民が望む普天間飛行場の返還をできるのは、この私しかいない」と強調。翁長県政では政府と県の法廷闘争が繰り返された経緯を念頭に「対立や分断からは何も生まれない。政治は交渉だ」と述べ、政府とのパイプを生かして給食費、保育料、医療費の無償化を目指す考えを訴えた。

 選挙戦第一声の地に実母の出身地・伊江島を選んだ玉城氏は「イデオロギーよりもアイデンティティーを大事にしようという翁長知事の遺志をしっかりと受け継ぐ」と強調。その上で「辺野古に新しい基地をつくらせない。その意思を明確にして堂々と選挙戦を戦おう」と呼びかけた。

 沖縄知事選は当初、11月18日に予定されていたが、翁長氏が8月8日に死去したことで前倒しされた。翁長氏は辺野古移設反対を主張して平成26年11月に初当選して以降、辺野古の埋め立て承認を取り消すなどして政府と対立してきた。

 佐喜真氏は政府と協力して普天間飛行場の早期返還を目指す。ただ、辺野古移設計画に関しては「政府と県の法廷闘争を注視する」として賛否を明言していない。玉城氏は、翁長氏の後継候補として辺野古移設の阻止を公約に掲げる。普天間飛行場の即時閉鎖も掲げるが、移設先には言及していない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ