産経ニュース

辺野古移設是非で激戦 沖縄県知事選が告示

ニュース 政治

記事詳細

更新


辺野古移設是非で激戦 沖縄県知事選が告示

 沖縄県知事選に向けた討論会を終え、握手する佐喜真淳氏(左)と玉城デニー氏=11日午後、那覇市  沖縄県知事選に向けた討論会を終え、握手する佐喜真淳氏(左)と玉城デニー氏=11日午後、那覇市

 沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選が13日告示され、立候補の届け出が始まった。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非を争点に、激戦は必至だ。30日の投開票結果は移設計画や、今後の日米関係に影響を与える可能性がある。

 立候補を表明しているのは、いずれも無所属で、移設を進める安倍政権が推す前宜野湾市長、佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=と、反対を訴える自由党衆院議員玉城デニー氏(58)ら。両氏による事実上の一騎打ちの見込みだ。

 佐喜真氏は、市中心部にある普天間飛行場の早期返還と危険性の除去を訴えるが、辺野古移設の是非については明言していない。政権とのパイプを生かした生活支援や経済振興を中心に訴える。

 玉城氏は、翁長氏を支えた社民、共産など県政与党や辺野古反対の市民団体が支える。県による辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回を支持し、移設阻止を前面に掲げる。翁長氏の後継だと主張して「弔い合戦」を印象づける。

 ほかに元那覇市議で琉球料理研究家の渡口初美氏(83)と元会社員の兼島俊氏(40)も立候補を予定している。

「ニュース」のランキング