PR

ニュース 政治

東方経済フォーラム 安倍晋三首相演説全文「対立の原因なした島々は日露協力の象徴へ」

Messenger

 ■改元、G20、東京五輪

 ここから私は、いただいた時間の前半を、「未来」の話に当てようと考えています。未来の話「だけ」に関心を絞ります。

 来年、皆さまが日本に見るものは、皇位の継承であります。プーチン大統領や、習近平国家主席をお招きする、大阪G20サミットの開催であります。

 夏が終わると、ラグビー・ワールドカップ(W杯)が始まります。9月20日、東京スタジアムでの開幕第1試合で、ホスト国日本が戦う相手を、ご記憶ください。ロシアです。互いの健闘を祈りましょう。

 その先、2020年は東京オリンピック・パラリンピックの年。世界中の若者が東京に集まり、スポーツと、平和の祭典を繰り広げます。

 壇上の指導者の皆さん、会場の聴衆の皆さん、日本はいま、歴史の大きな転換点に立っています。

 その歴史的転換点にあって、私は、21世紀の東アジアにおける、平和と繁栄の礎を築きたい。そう決意しています。

 ■日中関係

 まずは、日中関係です。

 私は、第一次政権で首相に就任した直後に中国を訪問し、「戦略的互恵関係」の考え方を打ち出しました。中国の『人民日報』はこの訪問を「氷を砕く旅」と呼びました。

 しかし、再び首相となって第二次政権を始めた際、日中関係は、戦後最悪ともいえる困難な状況にありました。

 私は、何とか日中関係を改善したいと考え、努力をしてきました。なぜなら、日中両国はこの地域と世界の平和と繁栄に、大きな責任を共有しているからです。

 アジアの諸国も、日中両国が、友好関係を安定的に発展させていくことを期待しています。その期待に応え、あらゆる分野で協力関係を発展させ、地域や世界の平和と繁栄に貢献していきたい。私の信念です。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ