PR

ニュース 政治

東方経済フォーラム 安倍晋三首相演説全文「対立の原因なした島々は日露協力の象徴へ」

Messenger

 ロシアの極東ウラジオストクを訪問中の安倍晋三首相は12日午後(日本時間同)、ロシア政府主催の「第4回東方経済フォーラム」に出席し、「極東・可能性の幅を広げる」と題し、演説した。全文は以下の通り。

     

 ウラジーミル・プーチン大統領、そして(中国の)習近平国家主席、(モンゴルの)ハルトマー・バトトルガ大統領、(韓国の)李洛淵(イナギョン)首相、お会いできてうれしく思います。私たちを当地に招待してくれたプーチン大統領に、まずは感謝を申し上げます。

 お三方の話は、時として気宇壮大、さまざま、想念を刺激するものでした。感銘を受けると同時に、日本とはいかなる国か、アイデンティティーについての思いにいざなわれました。

 私の念頭に浮かびますのは、「ドット・コネクター」という言葉です。

 接続のない地点、繋がりのないヒト、モノ、資金。それら点と点を、日本は結び、それによって付加価値を作ります。

 時として、例えばヤマル半島とカムチャツカ。平面上の2地点かもしれません。

 またあるいは、三次元空間にある人工衛星と、シベリアの誰かの家かもしれません。実現するのはそれぞれ、LNG(液化天然ガス)の、あるいはインターネットの接続性です。

 ユーラシア大陸のランドスケープで、日本が位置するインド・太平洋のシースケープで、誰もが属すアウター・スペースやサイバー・スペースでも、新たな接続がまた新たなコネクションを生むという、コネクティビティの進化が起きています。繋がることで付加価値が生まれる時代に、私たちは生きている。

 私は日本の今後に、偉大なるドット・コネクターとしての役割を望みます。公明正大なルールのもと、交わらない点を交わらせ、繋がらなかった「知」と「知」をつなぐ役割です。

 プーチン大統領だからこそ、日本とロシアは協同することで、偉大な相乗効果を望めるのです。そのことを私はこのスピーチの後半で強調いたします。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ