PR

ニュース 政治

日中首脳会談、関係前進へ首脳往来や北朝鮮で協議

会談で握手する中国の習近平国家主席(右)と安倍首相=12日午前11時47分、ウラジオストク(代表撮影)
Messenger

 【ウラジオストク=田北真樹子】ロシア極東ウラジオストクを訪問中の安倍晋三首相は12日午前(日本時間同)、中国の習近平国家主席と会談した。両首脳は「正常な軌道に戻った」とする両国関係をさらに進めるため、日中平和友好条約発効40周年を迎える来月中旬の安倍首相の訪中を含む今後のハイレベル往来などについて協議する。安倍首相は、北朝鮮の後ろ盾である中国に対し、北朝鮮の非核化や日本人拉致問題の早期解決に向けた協力を重ねて要請する方針だ。

 両首脳の会談は昨年11月のベトナム以来で、その際、両国関係を改善させることで一致した。今年5月には李克強首相が中国首相として7年ぶりに来日し、安倍首相の年内訪中を招請。両国はその後の習氏の訪日も視野に入れる。

 安倍首相は今回の習氏との会談で、第三国での民間の経済協力に関する官民合同の委員会設置や、来月の首相訪中時に開く予定の民間企業によるフォーラムに関し意見交換する見通し。

 北朝鮮情勢では、6月の米朝首脳会談後の非核化に向けた動きが停滞している。安倍首相は、北朝鮮と関係を改善した中国に対し、非核化の実現などを盛り込んだ国連安全保障理事会決議の履行を北朝鮮に促すよう呼びかける。

 安倍首相は尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で中国公船による領海侵入が常態化していることについても問題提起し、「東シナ海の平和と安定が日中関係改善の基礎」との考え方を重ねて確認する見通しだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ