PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】安倍首相…圧勝へ党員票照準 石破元幹事長…「空中戦」制限に焦り

所見発表演説会を終えた石破茂元幹事長 左は安倍晋三首相=10日午前、東京都千代田区・自民党本部(納冨康撮影)
Messenger

 自民党総裁選(20日投開票)の論戦が10日、本格的にスタートした。安倍晋三首相(党総裁)は景気回復に伴う経済指標の好転など5年8カ月間の政権運営の実績を挙げ、石破茂元幹事長との「格の違い」をアピール。対する石破氏は首相への個人攻撃を控えつつ、憲法改正や地方創生の在り方をめぐり首相との違いを鮮明にした。双方とも党員・党友票を少しでも多く集めるための戦略がにじむ。

 安倍陣営、電話作戦を本格化

 「さまざまな批判を真摯(しんし)に受けとめながら、自らを省みて、改めるべき点はしっかりと改め、謙虚に丁寧に政権運営を行っていきたい」

 首相は党本部で開かれた所見発表演説会の冒頭、森友・加計学園問題を念頭にこう述べると、その後も一切笑顔を見せなかった。

 ひたすら低姿勢に徹し、政権に返り咲いてからの約5年8カ月で、国内総生産(GDP)や有効求人倍率など経済指標が劇的に改善したことを、数値を交えながら訴えた。

 ただ、首相がこだわる憲法改正では、石破氏と立場の違いを鮮明にさせた。石破氏は自衛隊員に国際法上の権益を確実に享受させるため戦力不保持と交戦権の否定をうたう9条2項を削除し、自衛隊を軍隊と位置づけるよう求めている。

 「この機会に政府の立場で反論したい」。首相はそう切り出し、日本が戦争や戦闘のやり方を規定したハーグ陸戦条約や軍人の捕虜の扱いを定めたジュネーブ条約に加盟していることを説明。「(自衛隊は)外国からみれば軍隊であることは明確で、両条約上のさまざまな権利は行使できる」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ