PR

ニュース 政治

沖縄知事選、玉城デニー氏が政策集 「辺野古新基地阻止貫く」

前宜野湾市長の佐喜真淳氏(左)と握手する玉城デニー氏=5日午後、沖縄県南風原町
Messenger

 沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)に立候補する自由党幹事長の玉城(たまき)デニー衆院議員(58)は10日、那覇市内で記者会見し、「新時代沖縄」と題した政策集を発表した。8月に死去した翁長雄志(おなが・たけし)知事の支持母体「オール沖縄」の支援を受ける玉城氏は「翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古新基地阻止を貫徹する立場だ」と強調した。

 政策集では米軍普天間飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)について「閉鎖・返還を一日も早く実現するよう政府に強く要求」すると主張。辺野古埋め立ての承認を撤回した県の判断を「支持し、新たな県政でしっかりと引き継いでいく」とした。

 また、翁長氏が取り組んだ子供の貧困対策を「最重要政策」と位置づけ、「子供の貧困対策計画」の実施や保育料の無料化を掲げた。経済振興に関しては会見で「補助金頼みの県政ではない」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ