PR

ニュース 政治

【自民党総裁選・共同記者会見詳報(3)】憲法改正で安倍首相「与党をはじめ多くの理解を」 石破元幹事長「戦争を知らない世代だけで9条改正はよいと思わない」

Messenger

 「そういう意味におきましては、だんだん、お子さんを持っても働くことができる、働きながら子育てもできる、という環境ができつつあるのかなとこう思っておりますが、さらにしっかりと対応していきたい。で、直近の数字で10年ぶりに待機児童が減ってきたりという数字も出てきました。さらにしっかりと政策を進めていきたいと思っています」

■   ■

 --安倍首相は「憲法改正案を次の国会に提出できるように取りまとめをすべきだ」という発言を繰り返している。次の国会というのは秋の臨時国会を指しているのか、来年の通常国会を指しているのか。石破元幹事長に伺いたいのは、緊急事態条項の新設、参院の合区の解消に関して秋の臨時国会からでも、すぐに議論を加速して取りまとめを急ぐべきだという考えなのか

 安倍首相「憲法改正というのは普通の法律と違うわけでありまして、普通の法律は衆院、参院で過半数を取れば成立します。憲法改正は衆院、参院、それぞれ3分の2の発議によって国民投票に付されるわけであり、本番は国民投票です」

 「しかし今、憲法が制定されて以来、1回も国民投票がなされていないわけであります。つまり、国民の皆さんにとって、憲法を自ら権利を行使する場が今までなかったんだろう。賛成にしろ、反対にしろですね。その意味におきましては、まさに国会議員が国民の皆様の本来の権利を行使させないということになっているのであれば、それは無責任のそしりは免れないんだろうと思います」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ