PR

ニュース 政治

【自民党総裁選・共同記者会見詳報(3)】憲法改正で安倍首相「与党をはじめ多くの理解を」 石破元幹事長「戦争を知らない世代だけで9条改正はよいと思わない」

Messenger

 「消費税も絡みますが、いかにして社会保障を改革するかというデザインができなくて…。消費税は主に社会保障に当てられるものです。どう変わっていくのかということは給付を切り下げるというのが目的ではなくて、いかにして一人一人の幸せを実現するかということなのです」

 「そして、消費税を上げて、給付を切ればいいなぞというのは、そんなものは政治ではない。いかにして消費税が上がっても、それに耐えられるような個人所得を確保するかということですよ。いかにして一人一人の幸せな医療であり、介護であり、年金であり、要介護になって、ものすごくお金がかかる。病気になってものすごくお金がかかる。それよりは病気にならない。要介護にならない。そちらのほうがよっぽど幸せだし、コストとしても医療や介護にかかるものよりは、それはより低い負担で、より多くの幸せを得ることができる」

 「社会をどう設計するのかという社会保障の改革と、消費税率の引き上げはあくまでセットなのであって、『10%まで上げます、そこから先は皆目分かりません』みたいなことであってはだめなんですね。どうやってその負担を少なくするか、どうやってその社会を作るか。『いやいや、ヨーロッパは25%だよ』とか、そういった話ではなくて、いかにして負担を最小にし、幸せを最大にするかというきわめて困難な課題だけど、それの答えを出すのが政治だと私はそのように思っております」

■   ■

 安倍首相「まず新三本の矢でありますけれども、まず、ひとつはGDP(国内総生産)最高の600兆円を目指す。まさにそれに向かって、われわれ5年半前と比べて60兆円GDPが伸びています。5年半前も改定値で計算して純粋に60兆円伸びているということであります。しっかりと2020代ごろに600兆円を実現したいとこう考えています」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ