PR

ニュース 政治

【自民党総裁選・共同記者会見詳報(3)】憲法改正で安倍首相「与党をはじめ多くの理解を」 石破元幹事長「戦争を知らない世代だけで9条改正はよいと思わない」

自民党総裁選で、記者会見する安倍晋三首相(右)と石破茂氏=10日午前、東京都千代田区(飯田英男撮影)
Messenger

 --安倍晋三首相に伺う。前回、新三本の矢を訴えて再選したが、この3年間、どのように政権を進めてきたのか。3年間を自分で評価すると何点か。石破茂元幹事長は「同じ政党であれば政策の方向性は同じだ」と言っている。スピード感を上げるために具体策はあるのか。

 石破氏「同じ党だから、目指す方向性が違うわけがないということであります。いかにして経済を再生し、そして、この人口急減社会を乗り切り、日本国の独立と平和を維持し、次の時代に良い日本を残すか。全く方向性は違いません」

 「じゃあ、どのようなスピード感で臨むのかということですが、経済の改革についてはいかにして個人所得を上げるか。企業は史上最高収益になっただろう。しかし、個人の所得は上がっていない。これを上げるためにどうするのだ、という仕組みを作って、原因を究明して、いかにして生産性を上げ、所得を増やすかということの政策をすぐに打ち出していかなければならないと思っています」

 「政府がお願いしたから給料が上がる。それは、私はおかしいと思っていましてね。上がるにこしたことはないです。結構なことです。しかし、企業がいかにして生産性を上げ、いかにして付加価値を上げ、働く人たちの給料を上げていくのか。そのメカニズムが効いていかなければ、それはできませんからね。その伸びしろが地方や中小企業や農林水産業に多くあります」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ