産経ニュース

【自民党総裁選・共同記者会見詳報】(2)石破茂元幹事長「官僚が国民のために働く仕組み作る」 安倍晋三首相「指導力を持って政策を前進することが求められている」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選・共同記者会見詳報】
(2)石破茂元幹事長「官僚が国民のために働く仕組み作る」 安倍晋三首相「指導力を持って政策を前進することが求められている」

自民党総裁選挙、共同記者会見を前に握手を交わす石破茂氏と安倍晋三首相(右)=10日午前、東京・永田町(春名中撮影) 自民党総裁選挙、共同記者会見を前に握手を交わす石破茂氏と安倍晋三首相(右)=10日午前、東京・永田町(春名中撮影)

 安倍首相「はい。勝負、選挙でありますからこれは石破候補が言われたようにですね、全力で戦わなければならないと思っております。しっかりと政策を訴えていくということを、国民の皆様に、あるいは党員の皆様に語りかけていくことが求められていると思います。同時にですね、私は現職でございますから、この6年間の今までのリーダーシップの在り方、経済政策や外交、内政、全般についてのご評価をいただくことになるんだろうと、こう考えています。そういう点についてもしっかりとご説明をしていきたいなと考えております」

 「勝敗ラインということなんですが、勝敗というのはまさにこの与えられたルールの中で、勝利を収めるということだと思います。例えば今、ご紹介があったように、6年前は党員票においては、石破さんの票の半分でございますから、いわば、私はチャレンジャーの立場だろうと思います。あのときいただいた票を一票でも増やしていきたいと、こう思っております。そう簡単な選挙、簡単な選挙はないと思いますので、何とかですね、この与えられたルールの中で勝利を収めたいと、こう考えております」

■   ■

 石破氏「選挙は勝つか負けるかであって、勝敗ラインということを口の端に私はのせません。勝つか負けるかです。そのために、一人一人の方々に誠心誠意お訴えをするということ以外ありません」

続きを読む

「ニュース」のランキング