PR

ニュース 政治

【自民党総裁選・共同記者会見詳報】(2)石破茂元幹事長「官僚が国民のために働く仕組み作る」 安倍晋三首相「指導力を持って政策を前進することが求められている」

自民党総裁選挙、共同記者会見を前に握手を交わす石破茂氏と安倍晋三首相(右)=10日午前、東京・永田町(春名中撮影)
Messenger

 --先の通常国会では森友学園や加計学園の問題で忖度(そんたく)政治などと批判された。政治主導の在り方や望ましい政治姿勢についてどう考えるか。今回の総裁選を通じて、党員を含む国民に説明する考えはあるか

 石破茂元幹事長「私からお答えをいたします。信頼回復をしていかないと、政府がやる大改革に国民が共感しない。政府は信じられるね、そう思ってもらうために100日プランをチェックします。官邸において、本当に国家国民のために働く、そういう官僚が登用される、そういうシステムを作んなきゃいけない。誰がいつ、どのように会うのか、そういうルールを明確にしなきゃいけない。記録は作らなきゃいけない、残さなきゃいけない。そういうものだと思います。官邸の信頼回復」

 「2番目は、国会が本当に国民から与えられた責務を果たすかどうかです。色んなスキャンダルの追及で、予算の審議が十分できない、法案の審議が十分じゃない。それは国民の負託に応えたことにならない。そういうようなものは、きちんと別の委員会でやる。予算は予算、法律は法律で、国民の負託に応えるような国家をつくることが国会の信頼回復です」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ