産経ニュース

【自民党総裁選・所見発表演説会詳報】(3)石破元幹事長「地方に雇用と所得取り戻す」

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選・所見発表演説会詳報】
(3)石破元幹事長「地方に雇用と所得取り戻す」

所見発表演説会に臨む石破茂元幹事長=10日午前、東京都千代田区・自民党本部(納冨康撮影) 所見発表演説会に臨む石破茂元幹事長=10日午前、東京都千代田区・自民党本部(納冨康撮影)

前のニュース

 (2から続く)

 石破茂元幹事長「石破茂です。冒頭、大阪北部震災そして、西日本豪雨、台風21号、北海道胆振東部地震。尊い命を落とされた方に、心から哀悼の誠をささげ、今全力で対応に当たっておられる方全てに感謝し、混乱の中にある方々に心から思いをはせたい。そのように思っております」

 「私は、国会議員になって33年目になりました。まだ議員になる前、昭和60年のことでありました。私の政治の師の1人であります渡辺美智雄先生のお話を聞く機会がありました。政治家の仕事とは何だと。勇気と真心を持って真実を語る。それしかないのだ。私は32年間、ずっとこの言葉を自分に問いかけてまいりました。真実は自分で見つけるしかない。そして見つけた真実は、人々の耳に心地よくないことがあるかもしれない。しかし、それを語る勇気を持て。そして、それをわかっていただける真心を持て。難しいことです。まだまだとてもその域に私は達しておりません。しかし32年間、それを自分の胸に常に問いかけてまいりました。その思いでこれからお話をさせていただきたいと存じます」

■   ■

 「私がやりたいのは、経済の再生であります。その核は地方創生であります。国民一人一人の所得を上げていかなければなりません。上げなければいけないのは、国民一人一人の所得なのであります。日本の雇用の8割はローカル経済が支えております。日本経済の7割はローカル経済が支えております。これから先、日本はどうなるのか。今2018年。22年後の2040年、人口は2000万人減るのです。たった22年で。高齢化がピークに達するのです。その年には全国の自治体の半分において、若い女性の方々の数が半分に減っていくのです。2100年、日本の人口は1391万人になるといわれている。200年後には423万人になるといわれている。これをどうするのだということです。人口がどんどん減っていく。2100年には訂正します。5200万人。200年後には1391万人。この社会をわれわれは何としても乗り切っていかなければなりません。これがわれわれが抱える最大の国難だと、私はそのように思っております」

続きを読む

関連トピックス

「ニュース」のランキング