産経ニュース

安倍晋三首相、韓国国情院長と面会 訪朝結果の説明受ける

ニュース 政治

記事詳細

更新


安倍晋三首相、韓国国情院長と面会 訪朝結果の説明受ける

徐薫(ソ・フン)韓国国家情報院長(左)から表敬を受ける安倍晋三首相=10日午前、首相官邸(春名中撮影) 徐薫(ソ・フン)韓国国家情報院長(左)から表敬を受ける安倍晋三首相=10日午前、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は10日午前、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と5日に会談した韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長と首相官邸で面会した。非核化などをめぐる金委員長の発言について詳細を確認し、18~20日の平壌開催が決まった南北首脳会談に関しても意見交換した。

 首相は面会の冒頭で来日に謝意を示し「日韓が極めて緊密な関係となったと世界に発信するいい機会だ」と述べた。徐氏は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領は両国が意思疎通と協力をいっそう進めるべきだとの考えだ」と応じた。

 首相は、南北首脳会談が北朝鮮の具体的な行動につながることへの期待を表明。徐氏は「南北、米朝関係と並行して日朝関係を改善していくことが重要だ」との認識に言及した。両者は米国を含めた3カ国で引き続き緊密に連携していく方針で一致した。

 徐氏は韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が率いる特使団の一員として訪朝した。金委員長は特使団に対し「トランプ米大統領の1期目の任期中に非核化を実現したい」と語ったとされる。

このニュースの写真

  • 安倍晋三首相、韓国国情院長と面会 訪朝結果の説明受ける

「ニュース」のランキング