産経ニュース

【外交安保取材】防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?

ニュース 政治

記事詳細

更新

【外交安保取材】
防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?

平成30年版防衛白書は「拡張現実(AR)」技術を活用し、ページを専用アプリで読み取るとスマートフォンに動画が映し出される 平成30年版防衛白書は「拡張現実(AR)」技術を活用し、ページを専用アプリで読み取るとスマートフォンに動画が映し出される

 政府が弾道ミサイル防衛(BMD)の強化を急ぐのは、この「危険な隣国」(防衛省幹部)に備えるためだ。31年度予算には地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」や、搭載する最新鋭の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費などを盛り込む。

 一部野党やメディアは、米朝首脳会談が開かれ、北朝鮮が挑発行動を控えていることを受け「イージス・アショア不要論」を展開している。ただ、北朝鮮は核・ミサイルの廃棄に向けた具体的な動きを何一つ示していない。

 白書があえて「米朝首脳会談後の現在においても北朝鮮の核・ミサイルの脅威についての基本的な認識に変化はない」と指摘したのは、一時的な足下の情勢変化によって防衛政策が左右されることはないとのメッセージともいえる。

 北朝鮮への危機感を鮮明にした一方、中国に対する脅威認識は「日本を含む地域・国際社会の安全保障上の強い懸念」だとし、前年とほぼ同等の書きぶりとなっている。しかし、中国軍による日本周辺での活動は、この1年を振り返っても明らかに先鋭化している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?
  • 防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?
  • 防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?
  • 防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?
  • 防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?
  • 防衛白書で北朝鮮の脅威認識を引き上げ 米朝会談後も募る危機感 中国評価は「据え置き」なぜだ?

「ニュース」のランキング