PR

ニュース 政治

【激動・朝鮮半島】米特別代表が就任後初の日中韓歴訪へ 北の非核化を協議

 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表(米国務省提供・共同)
Messenger

 米国のビーガン北朝鮮担当特別代表が10日から韓国、中国、日本を歴訪する。8月の就任後、初めての訪問。日韓とは韓国特使団の5日の訪朝を踏まえて戦略を共有。中国には制裁履行への協力を求め、北朝鮮が非核化に踏み切る国際的な環境整備につなげたい考えだ。15日までの日程。

 ポンペオ国務長官が信頼を置くビーガン氏は、ブッシュ(子)政権下の2001~03年に国家安全保障会議(NSC)で当時のライス大統領補佐官の上級スタッフなどを歴任。フォード・モーター副社長からの転身で、ソン・キム駐フィリピン大使が中心となってきた実務交渉を率いる。

 ビーガン氏は10日、ソウルで外務省の李度勲・朝鮮半島平和交渉本部長と夕食を共にし、11日には康京和外相らと会談する予定。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は韓国の特使団に、トランプ大統領の1期目の任期が終わる21年1月までに非核化を実現したいとの考えを伝えた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ