PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】総裁選は権力闘争 現職との対決は15年ぶり 過去には「さわやかな戦い」で政治生命絶たれた例も…

Messenger

 言わずもがな、自民党のトップを選ぶ総裁選は、日本の首相を決める争いだ。6年ぶりの選挙戦となった今回は15年ぶりに現職首相である総裁に「新人」が挑む権力闘争ともいえる。過去には、敗れた挑戦者がその後に政治生命を絶たれる熾(し)烈(れつ)な戦いを演じてきた。

 現職に挑んだ総裁選で象徴的なのは、再選を期した小渕恵三氏が加藤紘一氏らを下した平成11年の選挙だ。当時「将来の首相候補」と呼ばれた加藤氏は、小渕氏の不出馬要請を袖にし、「さわやかな政策討論」を挑んだ。これが小渕氏の逆鱗(げきりん)に触れた。

 総裁選の投開票を終えた2人は笑顔で握手を交わした。しかし、小渕氏は後に電話で加藤氏に「君は僕を追い落とそうとしたじゃないか」と言い放ち、加藤氏や側近議員を徹底的に干した。加藤氏は翌12年、野党が提出した森喜朗内閣不信任決議案に同調しようとした「加藤の乱」を起こし、不発に終わると、二度と首相候補と呼ばれることはなかった。

 現職首相の壁は高く、厚い。選挙戦となった総裁選は過去26回。うち現職首相が立候補したのは11回で、敗者は昭和53年の福田赳夫氏しかいない。福田氏は再選に自信を見せたが、国会議員による「本選」を前にした党員・党友参加の「予備選」では、田中角栄元首相の強力な支援を受けた大平正芳氏が1位を獲得。福田氏は「天の声もたまには変な声がある」と述べ、本選を辞退した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ