PR

ニュース 政治

【激動・朝鮮半島】金正恩氏と会談の韓国特使を日本と中国に派遣、安倍首相らに説明へ

Messenger

 【ソウル=桜井紀雄】韓国大統領府は7日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と5日に会談した文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団の訪朝結果を伝えるため、特使の一人である徐薫(ソ・フン)国家情報院長を10日に日本に派遣すると発表した。安倍晋三首相と会って直接、内容を説明する。

 中国にも8日、特使団を率いた大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が訪れ、外交トップの楊潔●(=簾の广を厂に、兼を虎に)(よう・けっち)共産党政治局員と会談する。18~20日の平壌開催が決まった3回目の南北首脳会談に向けて理解と協力を取り付けるのが目的で、米国とロシアへの派遣も調整している。

 米朝の非核化交渉が停滞する中、金氏は会談で非核化の意志とトランプ米大統領への信頼を強調し、特使団に米側へのメッセージを託した。米国には既に、鄭氏が6日、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)と電話会談し、訪朝結果を説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ