産経ニュース

【自民党総裁選】地震対応で自粛ムード 日程・論戦制限、安倍、石破両陣営戦略練り直し

ニュース 政治

記事詳細

更新

【自民党総裁選】
地震対応で自粛ムード 日程・論戦制限、安倍、石破両陣営戦略練り直し

北海道での地震を受け、自民党総裁選の3日間自粛を発表する二階俊博幹事長(右)=6日午前、東京・永田町の党本部 北海道での地震を受け、自民党総裁選の3日間自粛を発表する二階俊博幹事長(右)=6日午前、東京・永田町の党本部

 7日に告示される自民党総裁選は、北海道で震度7を観測した地震で大幅な日程変更を余儀なくされ、安倍晋三首相(党総裁)と石破茂元幹事長の両陣営は戦略の練り直しを迫られた。首相は地震対応を優先し、選挙戦の自粛ムードも広がることから、首相の陣営は圧勝に不可欠な党員・党友票の支持拡大への影響を懸念する。石破氏は、劣勢挽回の糸口を告示直後の討論会やテレビ出演に見いだそうとしていただけに、焦りを募らせている。

 首相を支持する各派や無派閥議員らでつくる選挙対策本部は6日、地震発生を受けて緊急会合を開き、7日午前に予定していた出陣式の中止を決めた。選対では9日までの間、首相を支援する大規模な集会や、電話による党員への組織的な支持呼びかけも自粛する。

 首相は選対の甘利明事務総長に対し「直近は災害対応に専念させてもらいたい」と連絡。甘利氏は選対の会合後、記者団に「首相を先頭に政府が災害対応に全力を注ぎ、それを全議員で支えるという結論だ」と強調した。

 国会議員票(405)の9割に迫る勢いの首相陣営は、党員票(同)でも7割を獲得する目標を掲げ、石破氏を圧倒することを目指してきた。それだけに党員票の集票活動が鈍るのは痛手だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 地震対応で自粛ムード 日程・論戦制限、安倍、石破両陣営戦略練り直し

「ニュース」のランキング