産経ニュース

電力総連、参院選「総力結集し取り組む」 定時大会で運動方針を採択

ニュース 政治

記事詳細

更新


電力総連、参院選「総力結集し取り組む」 定時大会で運動方針を採択

電力総連の定時大会で挨拶する国民民主党の玉木雄一郎代表=5日午前、名古屋市中区(廣池慶一撮影) 電力総連の定時大会で挨拶する国民民主党の玉木雄一郎代表=5日午前、名古屋市中区(廣池慶一撮影)

 電力総連は5日、名古屋市で定時大会を開き、来年夏の参院選での組織内候補の当選に向け「組織の総力を結集し取り組む」と定めた運動方針を採択した。

 運動方針は、2人の組織内議員が国民民主党結成に参加したことに触れ、同党が政権を担当するには「エネルギー政策や外交、安全保障政策など国の存亡に関わる基本政策について、国家的視点に立った政策の立案が必要」と指摘した。来賓として出席した同党の玉木雄一郎代表は「右に左に極端に走ることなく、働く者の立場で頑張る政党は国民民主党しかない」と強調し、支持を訴えた。

「ニュース」のランキング