PR

ニュース 政治

【外交安保取材】河野太郎外相、専用機は断念したものの…来年度チャーター機代10億円計上 職員へのしわ寄せ懸念も

8月24日、米ロサンゼルスのハリウッドでジャパン・ハウス全館開館の記念イベントに参加した河野太郎外相(右から2人目)や「X JAPAN」のYOSHIKIさん(左)ら(共同)
Messenger

 外務省は平成31年度予算の概算要求で、河野太郎外相(55)が意欲を示していた外相専用機の導入を断念し、チャーター機の借り上げ代として30年度当初予算(6600万円)比14倍超の9億6千万円を計上した。新年度から使われるチャーター機の実際の費用は12月の予算編成に向けた財務省との査定次第だが、河野氏が今秋の内閣改造で留任すれば海外訪問はさらにハイペースになりそうだ。

中国がライバル

 「国際的な問題が増える中、この1年間の海外出張は日本の外相としてギリギリ最低限だ。これ以上海外出張を減らせば日本外交の影響力をそぐことになる。今後どなたが外相になるにしてもこのレベルを下回ることはあり得ない」

 概算要求が締め切られた8月31日、河野氏は記者会見でチャーター機代が大幅に増えた理由についてこう訴えた。自民党総裁選(7日告示、20日投開票)後は内閣改造が想定され、河野氏が留任しなければチャーター機は新外相が使うことになるのを踏まえた発言だが、チャーター機代計上の作業は徹頭徹尾、河野氏の要求に沿った。外務省内では「河野氏は他人が新たなチャーター機を使うことは考えていない」(幹部)との見方がもっぱらだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ