PR

ニュース 政治

【国民民主党代表選】新代表に玉木雄一郎氏 幹事長人事焦点

国民民主党代表選の投票をする玉木雄一郎共同代表。左後方は津村啓介氏=4日午後、東京都千代田区平河町(春名中撮影)
Messenger

 国民民主党は4日、臨時党大会を東京都内のホテルで開き、代表選の投開票を行った。玉木雄一郎共同代表(49)=衆院香川2区、当選4回=が津村啓介元内閣府政務官(46)=衆院比例中国、同6回=との一騎打ちを制して新代表に選出された。任期は平成33年9月までの3年間。

 玉木氏は党大会後の記者会見で、11日に両院議員総会を開催し党役員人事を決定する考えを示した。代表選で津村氏を支持した議員らの間では、玉木氏側近の古川元久幹事長の党運営手法への不満が根強く、続投の可否が焦点となる。

 代表選は総数284の「ポイント」の獲得数で争われ、玉木氏は204ポイントを獲得し、74ポイントの津村氏に大差をつけた。国会議員61人のうち2人が無効票を投じたほか、地方議員の24・8%(188人)と党員・サポーターの68・6%(5万1395人)が棄権した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ