PR

ニュース 政治

【就活ルール】菅義偉官房長官「学生のこと考えて議論を」

 記者会見する菅官房長官=4日午前、首相官邸
Messenger

 菅義偉官房長官は4日午前の記者会見で、経団連の中西宏明会長が平成33年春入社の学生の採用時期などを定めた就職活動のルールを廃止する考えを示した件に関し、「今後の就活ルールの在り方については企業、大学など関係者が学生のことを十分に考えながら議論していく必要がある」と述べた。

 中西氏がルール廃止に言及した背景については「(33年春入社以降の)採用過程に問題提起された」と述べるにとどめた。

 安倍晋三首相は3日夜の都内での集会で経済界に対して「ルールをしっかり守ってもらいたい」と求めた。菅氏は首相の発言について「学生にとって就活が重要であることを前提とした上で学業も重要であり、企業と大学の合意で運用されている(32年春入社までの)ルールを守ってほしい旨を発言された」と説明した。

 経団連は32年春入社の学生の採用までは現行ルールを継続し、採用面接などは6月1日、正式内定は10月1日の解禁としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ