PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】安倍晋三首相の選対本部、正式発足 議員の85%出席、圧勝へ「挙党態勢」アピール

自民党総裁安倍晋三選挙対策本部「発足式」で気勢を上げる安倍晋三首相(中央)=3日午後、東京都千代田区(春名中撮影)
Messenger

 自民党総裁選(7日告示、20日投開票)で連続3選を目指す安倍晋三首相(党総裁)の陣営は3日、都内のホテルで選挙対策本部の発足式を開いた。党内5派の領袖(りょうしゅう)級や無派閥議員も含め投票資格を持つ国会議員(405人)の85%にあたる346人(代理出席含む)が出席し、圧勝に向けた挙党態勢をアピールした。

 発足式に出席した首相は「すばらしい選対本部をつくっていただいた。最後の最後で(情勢が)大きく変わる場合もあるので、力強い支援をよろしくお願い申し上げます」とあいさつし、参加者と「ガンバロー」を三唱した。

 麻生派(志公会、59人)会長の麻生太郎副総理兼財務相は「この顔を今、変えるのが国益に沿うか。党員の人は、国益を考えて投票してもらいたい」と強調。岸田派(宏池会、48人)会長の岸田文雄政調会長も「われわれも一致結束、全力で皆さんとともに戦わせていただく」と宣言した。

 事実上の自主投票を決めた竹下派(平成研究会、55人)も額賀福志郎最高顧問らが出席し、額賀氏は「われわれ平成研の衆院は全力投球で安倍首相の勝利のために尽くすことを誓う」と述べた。竹下派の有志は3日、独自の支援組織を立ち上げた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ