PR

ニュース 政治

【沖縄県知事選】佐喜真淳氏が政策集 普天間「一日も早い返還実現」、辺野古移設には賛否示さず

佐喜真淳氏
Messenger

 沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)に立候補する佐喜真(さきま)淳(あつし)前宜野湾(ぎのわん)市長(54)=自民、公明、維新推薦=は3日、那覇市内で記者会見し、「県民の暮らし最優先宣言」と題した政策集を発表した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の一日も早い返還を実現するとした一方、政府が進める名護市辺野古への移設計画には賛否を明確にしなかった。

 佐喜真氏は会見で、県が辺野古埋め立て承認を撤回したことを踏まえ「政府と県の法廷闘争も考えられる。法的にどうなるか注視しなければいけない」と語った。一方で「県と政府の連携が密にできなかった点は反省すべきだ」と述べた。

 政策集ではこのほか、全国最低の1人当たり県民所得(平成27年度は約217万円)を300万円に引き上げ、子供の保育料、給食費、医療費を無料化するとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ