PR

ニュース 政治

【単刀直言】安倍晋三首相「日朝も新たな一歩踏み出したい」「『安倍晋三が嫌だ』と言って国民投票の権利を奪うのはサボタージュ」

 「友情と国益は別だ」という人がいるんですか? 友情を優先して国益を削ることは到底ありえません。友情と信頼によって首脳間で本音を話すことができるのは国益にプラスでしょう。友情が国益を阻害することなどありえません。

改憲国民の一票行使を

 憲法改正は普通の法律と違い、最終的に国民が決定権を持ちます。現行憲法が施行されて70年以上たちますが、一度も国民投票は行われていない。私たち国会議員が発議を怠り、国民に権利を行使させないことは『国民に対する責任放棄だ』とのそしりを免れない。そうした観点から国会で第一党の自民党がリーダーシップを発揮すべきだと思い、次の国会に自民党改憲案を提出できるよう、党内の取りまとめを加速すると申し上げたのです。具体的な進め方は自民党でよく検討してもらいたい。

 憲法改正は、国の在り方、国民の権利にかかわる大きな課題です。それならば、今を生きる国民に、そして次の世代の国民に責任を果たすという決意で議論しなければなりません。国民の皆さまには貴重な一票を行使していただきたい。

 ですから「政権を倒す」「自分たちが政権を取る」などと政局と絡めることは避けたい。そもそも改憲は政府が発議するわけではない。「安倍晋三が嫌だ」と言って国民から国民投票の権利を奪うのはサボタージュではないですか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ