PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】竹下派が夏季研修会 竹下亘会長、総裁選に一切触れず 

派閥研修会であいさつする自民党の竹下亘総務会長=2日午後、長野県軽井沢町のホテル
Messenger

 自民党総裁選(7日告示、20日投開票)の対応を事実上の自主投票とすることになった竹下派(平成研究会、55人)は2日、長野県軽井沢町のホテルで夏季研修会を開いた。会長の竹下亘総務会長は挨拶で総裁選には一切言及せず、「日本経済、地域の活力についてそれぞれが思いをめぐらせる良い機会にしていきたい」などと述べるにとどめた。

 研修会には約40人が参加。石破茂元幹事長を支持する竹下氏や参院側(21人)を率いる吉田博美参院幹事長と、安倍晋三首相(総裁)を支持する茂木(もてぎ)敏充経済再生担当相や加藤勝信厚生労働相らが顔をそろえた。

 経済学者の伊藤元重東京大名誉教授を講師に招いて勉強会を実施。吉田氏は研修会後、記者団に「石破氏の地方から(日本経済を)成長させるという考え方に共感した」と説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ