PR

ニュース 政治

【普天間移設】枝野幸男代表が「辺野古反対」表明 鳩山内閣では容認も「立民は新しい政党だ」

記者会見する立憲民主党の枝野代表=29日午後、那覇市
Messenger

 立憲民主党の枝野幸男代表は29日、那覇市で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、事実上反対する意向を表明した。「辺野古に新たな基地を建設しない解決策に向け、米政府と再交渉すべきだ。沖縄の分断と対立を生む建設を強行し続けることは、あまりにも無理がある」と述べた。

 結論を得るまで、建設工事の無期限停止を求めていく考えも示した。

 枝野氏は、移設先について「最低でも県外」を掲げながら、辺野古移設に回帰した鳩山内閣の一員だった過去との整合性を巡り「立民は新しい政党だ。過去の教訓を踏まえて、党内で移設問題を慎重に検証、議論してきた」と説明。基地問題などに苦しむ沖縄の状況にかんがみ、今回の見解表明に至ったとした。

 立民は同日、沖縄県連を設立した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ