PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】安倍晋三首相、26日に出馬表明 連続3選に意欲

安倍晋三首相=25日午後、首相官邸(桐原正道撮影)
Messenger

 安倍晋三首相(自民党総裁)は26日、訪問予定の鹿児島県で党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)への出馬を正式に表明する。これに先立ち安倍首相は25日、宮崎市での党所属地方議員らとの懇親会で「来年は皇位継承、再来年は東京五輪がある。大きな歴史の転換点にある。日本の明日を切り開くとき、平成のその先を見据えて新たな国造りをやっていこう」とあいさつし、連続3選に向けた意欲を強くにじませた。

 安倍首相は鹿児島で畜産業や水産業の視察を行う。その際に総裁選への正式な出馬表明を行う見通しだ。「6年前の総裁選に出馬した際の志は変わらない。それを支える気力、体力もいまだに衰えていない」と訴えるとみられる。

 鹿児島では、自民党の森山裕国対委員長の選挙区で開かれる国政報告会で講演するほか、党県連の演説会にも出席する。

 総裁選は、既に出馬を表明している石破茂元幹事長との一騎打ちとなる見込みだ。

 衆参国会議員票405票と党員・党友票405票で争われ、首相は細田派(94人)や麻生派(59人)など5派の支持を受け議員票で大きくリード。党員票も優勢とみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ