PR

ニュース 政治

【自民党総裁選】野田聖子氏、月内にも不出馬判断 推薦人集め厳しく側近ら「進言する」

Messenger

 9月の自民党総裁選への出馬を目指している野田聖子総務相が、月内にも不出馬を判断する可能性が高まった。立候補に必要な20人の推薦人を確保する見通しが立っておらず、野田氏の周辺は、早めに最終判断した方が得策との判断に傾いている。

 野田氏は24日、盛岡市で講演し、8日に出版した総裁選の政策集について「総務相の経験を踏まえ(首相として)やるべきことを出させていただいた」と説明。引き続き出馬を目指す考えを示した。

 しかし、野田氏の周辺は厳しい見方を強めている。23日には側近議員らが国会内で対応を協議し、現状で野田氏の推薦人が10人前後しか確保できていないことを確認した。連続3選を目指す安倍晋三首相(総裁)は党内7派中5派の支持を得ており、野田氏の側近は「各派の締め付けがきつく、各議員に個別に支持を頼んでも難しい」と打ち明ける。

 7月に自身に絡む情報公開請求の漏洩(ろうえい)問題が発覚するなど、野田氏が置かれた環境は出馬を模索した平成27年の前回総裁選よりも厳しいのが実態だ。

 野田氏は前回の総裁選で告示前日まで推薦人集めを進め、告示当日の記者会見で出馬断念を表明した。複数の側近は、再び告示直前まで推薦人集めを続ければ、野田氏の政治キャリアに傷がつきかねないと危惧し「月内には最終的な対応を決め、野田氏に進言する可能性がある」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ